ラブリィのポケモンブログ

ランクマッチ初心者が”勝つ”ための情報を発信

ランクマッチ 単体考察 構築記事

【構築記事】カジリガメは凍ってクレベースになったわね、はい穢土転♪

投稿日:

こんにちは、ラブリィ(@lovely_pokemon)です。

まずは剣盾シーズン2お疲れ様でした。

結果からお伝えすると最高78位(中盤)、最終1308位でした

全く良い結果ではないですが、最終日の後半は手ごたえを感じたので記事にしておこうと思います。僕の自己満に付き合ってくれる優しい方は読んでください!

最終2桁に乗せてnoteで有料記事を書いて炎上するという目標が達成できず非常に悔しかったです。

今シーズンはずっとキョダイカジリガメを使用していましたが、シーズン中盤からやることがばれてきた&草打点を持ったポケモンが増えすぎたためパーティからリストラ。

初手ダイマックスから相手に負荷をかけそのまま逃げ切るような戦い方が強いと感じていたので、耐久に割いたドラパルトで場を荒らし対面性能の高いポケモン達で詰めていくことをコンセプトにパーティを組みました。

ポケモンはコロコロ変えてましたが、最終的にしっくり来た6匹を簡単に紹介しようと思います。

最終日のアーカイブ

https://youtu.be/i58hD3suBmQ

個体紹介

ドラパルト@のろいのおふだ

性格:いじっぱり

特性:クリアボディ

数値:195(252)-185(228)-95-x-95-165(28)

技:ドラゴンアロー/ゴーストダイブ/そらをとぶ/はがねのつばさ

選出率:2位

すばやさは最速サザンドラ抜きの耐久に振ったドラパルト。

この努力値配分は弱点保険を持っていることが多いが、のろいのおふだで採用。

H228 A252のほうがたぶん強いが、元々ヤーティで使用しておりHブッパしていないと文句を言われそうだったのでHに振った。

とはいえHP1~3くらいで残ったこともかなりあったので何とも言えない。

基本的に初手からダイマックスをして、場を荒らしていく。

ダイマックスをすれば一撃で倒されることがまずなく、元々の高い素早さを活かしダイマックス技を上からガンガン打ち込むことが可能。

状況によって色々な技を打つが、ダイホロウが一番使ったと思う。技の通りも素晴らしく、耐えられてもダイジェットかダイスチルの起点にできる。

のろいのおふだの採用理由だが、ダイホロウが物理ゴースト技と相性が良すぎて誰も受け出しができないため。

カバルドンやドヒドイデもBダウンを含めると受けが成立していない。

弱点保険は発動すれば勿論最強だが、ミミッキュというポケモンが存在する以上弱点技+じゃれかげを耐えなければ弱保エースとしては不十分だと感じたのも理由の一つ。

クレベース@フィラのみ

性格:しんちょう

特性:アイスボディ

数値:202(252)-137-205(4)-x-107(252)-48

技:つららばり/ボディプレス/てっぺき/じこさいせい

選出率: 3位

見ていただければ分かる通り、防御の数値が無振りで204もある化物。

元々HBで使用していたが物理耐久が過剰な気がしたので不一致抜群程度なら1回は耐えるHDぶっぱで採用。

夢特性のがんじょうが解禁されていないのでDに振らないと本当になんでも落とされてしまう。

物理アタッカーであれば一致弱点を突かれようが鉄壁から無理やり受け切ることができるため、特殊アタッカーを倒してクレベースで詰める立ち回りを意識した。

鉄壁からのボディプレスは威力が凄まじく、等倍以上取れる相手であればかなりの大ダメージが入るので耐久と火力を併せ持つポケモンであるといえる。

この見た目で自己再生覚えるところがかなり好き。

エレザード@きあいのタスキ

性格:おくびょう

特性:すながくれ

数値:137-x-73(4)-161(252)-114-177(252) 

技:ほうでん/くさむすび/きあいだま/へびにらみ

選出率: 1位

火力はさておき、電気・草・格闘という範囲は非常に優秀である。特性により砂嵐でタスキが削れない点がとても優秀。

タスキで耐えたあと、砂で落とそうとカバルドンを投げられることが何回もあった。ステロがなければ、すなかきドリュウズにへびにらみを入れられるのも強みである。

HPが1でもあればミミッキュに仕事ができる点も高評価。1番使う技が気合いボールなので運がない人にはおすすめできません。

ガラルヒヒダルマ@こだわりスカーフ

性格:いいじっぱり

特性:ごりむちゅう

数値:181(4)-211(252)-75-x-75-147(252)

技:つららおとし/フレアドライブ/じしん/とんぼがえり

選出率: 6位

とにかく選出圧が凄い。相手の選出や持ち物が簡単に読めるのでパーティにいるだけでもの凄い力を発揮する。

それだけ影響力があるので、最終日は殆どのパーティで対策されているような気がしてあまり選出出来なかった。

個人的には初手に出すより最後に出してお掃除役に回した方が強いと思う

関連記事

パッチラゴン@いのちのたま

性格:いじっぱり

特性:はりきり

数値:197(252)-167(252)-110-x-90-96(4) 

技:でんげきくちばし/げきりん/じしん/つばめがえし 

選出率: 4位

受け系の構築にストレスを感じたくなかったため採用。 

炎の牙と地震で迷ったがドリュウズが重すぎて威力が高く命中も少し上の地震を選択した。 ダイマックスをしなくても充分すぎる火力があり、当たれば強い。

ダイジェットになり必中のつばめがえしは必須である。

ミミッキュ@ゴツゴツメット

性格:いじっぱり 

特性:ばけのかわ 

数値:162(252)-156(252)-101(4)-x-125-116

技:かげうち/ウッドハンマー/のろい/トリックルーム 

選出率: 5位

パッチラゴンを通すためにトリックルームのろいで採用。 ドサイドン重かった+通りが良いと感じていた草打点を採用。

特にじゃれが欲しいと感じたことはなかった。トリル後に反動で退場できるのも偉かった。 ダイジェットが強い環境なのでそれを簡単に切り返せるのでパーティに入れ得だと感じた。

本当は鋼半減のきのみを持たせたかったがもっていなかったため何となくゴツメをかぶらせてみた。意外と役に立っていることが多くおもしろかった。

ダイマックスドリュウズを切り返せるように耐久に振ったほうが良いかも。

基本選出

①ドラパルト+ミミッキュ+パッチラゴン

スタンダードな構築相手にはこの選出をすることが多い。 ドラパルトで数的有利をとり、トリル+パッチラゴンで詰める。 シンプルかつ強い選出パターン。

②エレザード+ミミッキュ+パッチラゴン

砂をまく構築にはこの選出をすることが多かった。 対砂でこの選出をしなければならないほど他のポケモンがドリュウズに弱い。 エレザードの麻痺きあいだまゲームになる事が多かった。

③ドラパルト+ヒヒダルマ+クレベース

ドラパルトとヒヒダルマで特殊アタッカーを潰しクレベースで詰ませる選出パターン。 物理一辺倒のパーティにはこの選出が刺さる。

④ドラパルト+パッチラゴン+@1

受け構築用の選出。 受けにドラパルト?と思うかも知れませんがいじっぱりお札ダイホロウは殆どのポケモンが受けられません。 ドラパルトでサイクルを崩してパッチラゴンの高火力を押し付けていきます。

まとめ

拙い文章を最後まで読んでくださってありがとうございます。

ご質問・ご指摘等ありましたらコメントにお願いいたします。

シーズン2は時間があまり取れず対戦数こなせなかったのでシーズン3は頑張ります。

ポケモン上手くなりたい人は対戦数をこなしましょう!!

関連動画

-ランクマッチ, 単体考察, 構築記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダイマックス無しでも強いポケモン考察①

こんにちは!ラブリィです! 今回はダイマックスに依存しない強さを持っているポケモンを紹介していこうと思います。 パーティで1つ枠が余った、ダイマックスしないポケモンが欲しい、対面性能高いポケモンが欲し …

新ポケモン、図鑑順に育成論【ゴリランダー】

Contents1 ゴリランダー 2 種族値 H100 A125 B90 C60 D70 S852.0.1 きあいのタスキ型2.0.2 考察2.0.3 ゴリランダーについて2.0.4 主要技2.0.5 …

現環境における草打点の重要性

こんにちはラブリィです。 今回はタイトルにもある通り、現環境における草技の重要性について紹介していこうと思います。 まず、草技と聞いて「通り」が悪いイメージがあると思います。 実際その通りで、無効タイ …