ラブリィのポケモンブログ

ランクマッチ初心者が”勝つ”ための情報を発信

ポケモン新情報

『PokémonHOME』で出来ること

投稿日:2020年1月29日 更新日:

こんにちはラブリィです。

今回は2月に配信予定の有料サービス 『Pokémon HOME』 について解説していこうと思います。

ポケモンバンクやPGLで今まで利用できていたサービスはもちろんのこと、「ポケモンGO」、「ポケモン ピカブイ」とも連携可能な新サービスです。

また、新たにスマートフォン向けのアプリも登場するので今までよりずっと使いやすくなることを期待します!

『Pokémon HOME』 とは?

「すべてのポケモンが集まる場所」をコンセプトに、Nintendo Switchとスマートフォンを対象としたクラウドサービス。 連携するソフト・サービスを通じて、『ポケットモンスター』シリーズや『Pokémon GO』で仲間にしたポケモンたちを、預けたり、世界中の人と交換したりすることができるよ!(公式HPより)

というものです。 『Pokémon HOME』 を通して様々なソフト・サービスで集めたポケモンを「管理・交換」出来るようになるサービスと考えて頂ければ良いと思います。

自分で捕まえたポケモンは愛着が湧くので色々なサービスでそのポケモンを使えるというのはトレーナーにとって嬉しいですよね。

値段について

まず皆さんが気になっているのは値段だと思います。下記表にまとめてみました。

良くある年間で支払うと割引きされるような料金形態となっています。 1年間プランで、税込1,960円。

大人がコンテンツを楽しむ場合は安いくらいの料金ですが、子どもが払うとなると結構な金額という印象です。 子供が店舗で購入する際は割引き適用とかあると親切ですね。

無料版について

『Pokémon HOME』 には無料版と上記で紹介した有料のプレミアムプランの2種類が存在します。 こちらが双方の比較画像です。

当たり前ですが無料版の方はできることがかなり制限されています。 本気でポケモンというコンテンツを楽しみたい場合はプレミアムプラン1択と言えるでしょう。

Switch版/スマートフォン版での違い

『Pokémon HOME』 はSwitch版とスマートフォン版がありそれぞれ出来ることが違うみたいです。 これが比較画像です。

基本的な操作はスマートフォン版でできそうですね。スマートフォン版の方がより手軽に使用できそうなので納得と言った感想です。 「ポケモン ピカブイ」との連携とBPの交換はSwitch版でしか行えないようです。

それぞれの機能について

現段階で発表されている機能について解説します。

ポケモン交換機能

『Pokémon HOME』 にはポケモンを交換する機能が4つもあり、いつでもどこでも世界中の人とポケモン交換を楽しむことができます。

ミラクルボックス

世界中の人とランダムにポケモン交換が出来る機能。 今までのミラクル交換と同じ要領ですが、プレミアムプランであれば1度に複数のポケモンを交換出来るのが進化した点ですね。

GTS

前作までもあった世界中の人とインターネットを通じて欲しいポケモンを交換し合えるサービス。 スマートフォンで手軽にできるようになったのは嬉しいですね。

更に、まだ見つけていないポケモンも指定できるようになっているので、より簡単にポケモン交換を楽しめるのではないでしょうか? こちらもプレミアムプランであれば交換できるポケモンが1匹から3匹まで増えます。

グループ交換

こちらは新しいサービスで、最大20人のグループを作りその中でランダムにポケモンを交換をするという機能です。誰のポケモンが来るか、誰に送られるかが分からないのでプレゼント交換会のようなワクワク感がありそうです

フレンド交換

こちらはインターネットを通じてではなく、近くにいるフレンド同士でポケモン交換が行えるサービスです

スマートフォンの簡単な操作で出来るため、手軽に使えるのが良いと思います。 恐らくトラブルを防ぐためだと思いますが、16歳未満の方は利用できないので注意が必要ですね。

全国図鑑

『Pokémon HOME』では、ポケモンボックスにポケモンを預けることで「全国図鑑」にポケモンが登録されます。

また、「メガシンカ」や「キョダイマックス」のできるポケモンを『Pokémon HOME』に預けると、それぞれの姿が登録されます。登録されたポケモンの情報は、Nintendo Switch版とスマートフォン版の両方で確認することができます。

これまでのポケットモンスターシリーズの図鑑説明や特性・タイプ・大きさ・重さなどが確認出来ます。 スマートフォン版では技や特性の検索もできるので、とても使い勝手が良さそうですね。

ふしぎなおくりものを受け取る

スマートフォン版では、「ふしぎなおくりもの」を受け取ることができるようです。 『Pokémon HOME』用のシリアルコードや2次元コードを入力したり、読み込んだりすることで受け取ることができます。

受け取ったポケモンは、『Pokémon HOME』のポケモンボックスへ送られる。 道具やポイントなども 『Pokémon HOME』 上に出るシリアルコードを打ち込むことで、ポケットモンスターソード・シールドで受け取ることができます。

ジャッジ機能

プレミアムプランであれば、今までポケモンバンク上では確認できなかった個体値を確認する機能が使用できます。

マイルーム

スマートフォン版でのサービス。 利用しているサービスについてのお知らせを受け取ったり、プロフィールをシールでカスタマイズができます。

シールはポケモンHOME内で様々な条件を満たすことで貰うことができます。

バトルデータ

前作までのPGLと同じようなサービスです。 ランクマッチやインターネット大会における情報や成績が確認できます。 ポケモンの使用率や、採用されてる技・特性・持ち物等も今まで通り確認できるようです。 (※画像は6世代のものです)

ポケモンHOMEポイント

Switch版では、ポケモンボックスに預けているポケモンの数に応じて貯まっていく「Pokémon HOMEポイント」があります

貯まったポイントは、『ポケットモンスター』シリーズで使用できるBPと引き換えができるようです。

『Pokémon HOME』 まとめ

現段階で発表されている 『Pokémon HOME』 についての情報をまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

年間で約2,000円かかってしまいますが、充分すぎるほどコンテンツが充実していて私は安すぎるくらいと感じています。

また新たな情報が出た際はブログ内でお知らせできればと考えているのでぜひブックマーク、Twitterのフォローお願いいたします。

-ポケモン新情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした